仙人の結界情報操作の実態匿名掲示板2ちゃんねるの実態検証:2ちゃんねる運営側工作員による情報操作>2ちゃんねるを考える

サイト全体   昨日   本日


2ちゃんねるを考える

 仙人

はじめに

以下、2ちゃんねる運営側が工作員を雇い、アクセスを増やして、お金をもうけるために誹謗中傷をあおるなど、情報操作をしていたと言うことが真実だと仮定しての話になりますので、その点了解してください。このページを読む前に、まず、暴露された事実の解説ページ私の事実検証のページをご覧下さい。

2ちゃんねるのしてきたことはあまりにもひどい

それにしても、ずいぶんひどい話です。悪質すぎます。掲示板と言うところは、けんかなどの騒動が起こりやすいのは事実ですが、それにしても2ちゃんねるでは、騒動が多すぎる上に、それがあまりにも深刻な水準にまで発展する場合が多いです。こんなにたくさんの自殺者や逮捕者を出す掲示板は世界に他にありません。そもそも、こんなひどい悪口掲示板は、世界に他にありません。本来、掲示板の管理人のつとめは、掲示板で誹謗中傷や犯罪が起こらないようにすることですが、2ちゃんねるでは逆にそういうことが起きるように誘導してきたと言えます。これはとんでもないことです。

2ちゃんねるの管理人西村博之は死刑でよい

これまで2ちゃんねるの管理人は、2ちゃんねるの騒動は管理人が起こしたものではなく、利用者が勝手に起こしたものであり、問題のある発言の削除を怠っているという点でのみ管理者としての責任を追求されてきました。しかし、西村博之の指示で、2ちゃんねる運営側工作員がこの様な騒動を意図的に起こしていたとすると、これは2ちゃんねる運営側の起こした犯罪と言うことになります。従って、2ちゃんねる管理人、西村博之(通称、「ひろゆき」)は、逮捕されるべきだと考えられます。金儲けのために、たくさんの人を殺してきたわけなので、西村博之に対する刑罰は、死刑が適当だと思います。

2ちゃんねるの運営の仕方を犯罪であると明確に規定する法律の整備が必要

現在の刑法では2ちゃんねるの運営の仕方を犯罪であると明確に規定できないかもしれません。しかし、これが犯罪と呼んでよい内容のものであることは、疑いありません。2ちゃんねるは金儲けのために罪のない人を自殺に追い込んだり、一般人を犯罪に誘導しているのです。犯罪以外の何物でもありません。

犯人が海外にいても、逮捕できるように法律を整備すべき

こうしたインターネットのサイトを利用した犯罪行為には国境がありません。2ちゃんねるの場合、サーバーが海外にあり、管理人も所在不明で、サーバーの所有者が管理人でないなど、法律の網の目をくぐり抜けられるように工夫されています。こういうことができないように法律を改正し、2ちゃんねるの様な犯罪行為を犯す者を国際手配し、どこの国でウェブサイトを運用しようとも、また、どこの国に逃げようとも逮捕できるようにすべきだと思います。

2ちゃんねるを有害サイトとしてアクセス禁止にすべき

この様な性格を持った掲示板が有害サイトであることは言うまでもありません。2ちゃんねるが特殊な有害サイトであることを認識し、子どもを持つ親は、子どもが2ちゃんねるを閲覧しないようにセキュリティーソフトを用いて2ちゃんねるへのアクセスを禁止すべきです。また、子どもに2ちゃんねるの実態をよく教えて、決してだまされないように注意しておくことが必要でしょう。子どもの中には、2ちゃんねるの管理人、西村博之を英雄か何かのように思っている子どもも少なからずいるようです。2ちゃんねるの正体をよく教え、英雄ではなく、悪党であることを教えるべきだと思います。小さな子どもは2ちゃんねるを見ないだろうと思ってはいけません。今時、小学生や中学生でインターネットにはまっている子どもは珍しくありません。インターネットにアクセスできる様になったら、きちんと2ちゃんねるなどの有害サイトのことも教えておくべきです。以上、あくまでも、2ちゃんねる運営側が工作員を使って、誹謗中傷をあおるなどの行為を行っていたことが真実だと仮定しての話になります。そうではないとは信じがたい状況ですが、もし真実でなければ、全く別の話になります。
2008年5月1日

注意: 2ちゃんねるは、「2ch」とも書かれます。


参考ページ(外部URL): 2ちゃんねるから子どもたちを守ろう!  トップページに優良な関連サイトへのリンクがたくさんあります。


2008年5月1日 初稿
2011年6月19日 レイアウトを改善(行間空けと各段落の題名の文字色の緑色への変更)

著作権者 仙人
禁無断転載
Copyright by Sennin 2008
All rights reserved.


仙人の結界情報操作の実態匿名掲示板2ちゃんねるの実態検証:2ちゃんねる運営側工作員による情報操作>2ちゃんねるを考える