仙人の結界悪徳商法>だまされるな 危険な殺虫剤

サイト全体   昨日   本日

だまされるな 危険な殺虫剤

 仙人

ハエや蚊(カ)、ゴキブリなどの虫が出たときにシューっとやるエアゾールの殺虫剤ですが、最近では安価なものが出回っています。売価が220円〜280円ぐらいでしょうか。一方、未だに450円ぐらいで売っているものもあります。さっき近所の薬屋さんに行ったところ、そこでは、フマキラーAが230円、アースジェットが260円、キンチョールが460円で売っていました。さて、どれを買おうか?貧乏人の仙人としては、フマキラーAが魅力的です。230円・・・これにかなうものはない。しかし、アースジェットも安いし・・・。内容量を見ると、どれも450mlで同じです。何か違うのだろうか。きっとフマキラーAとアースジェットは、特売品なのだ。問題は、この二つの違いである。よく見ると、フマキラーAは、Wジェットと書いてあり、品物を見ると、噴射口が二つある。アースジェットも噴射力が強いようなことが書いてあるが、噴射口は一つである。そこで考えた。なるほど、フマキラーは、殺虫剤のむだ遣いをさせる気だな。ずいぶんずるいことを考えるものだと思いました。使用量を確かめると、フマキラーAは、2〜3秒噴射とあり、アースジェットとキンチョールは、5〜6秒噴射とある。やはりそうだ。フマキラーAを買って、いつものように使っていると、あっという間になくなってしまう。ずいぶん悪賢いことを考えるものだと確信しました。しかし、私は浅はかでした。実は、連中はもっとあくどいことを考えていたのです。

何でキンチョールはこんなに高いのだろうか?有効成分を見ると、上記3製品とも同じ。店員のTさんに聞いてみたところ、「キンチョールの方がよく効きます。蚊やハエでは効き目はどれも同じですが、ゴキブリだとキンチョールでかなり早くに死にます。すぐに死ぬわけではないですが」と言う。ふ〜ん。でもTさんの言うことがあてにならないことを私は知っていたりする。なぜならその店で一番いい加減な店員だからである。年齢は40歳ぐらいで男性なんですけどね(笑)。そこで、45歳の女性の薬剤師を捕まえました。「どう違うの?」「有効成分は同じなので、効き目は同じだと思います。私はいつも安い方を買いますが・・・」こちらの方が信用できそうです。しかし、それでも甘かった。私が、企業のもくろみを暴いたのは、次の瞬間だった。

内容量をよく見ると、キンチョールの場合、450mlと書いてあるそのすぐ近くに、第三種石油類180mlと書いてある。そこでアースジェットを見ると、90mlである。さらにフマキラーAを見ると、67.5mlである。何ですか、これは?

つまり、キンチョールの場合、内容量450mlの内、液体部分は180mlで、気体部分は270mlと言うことになる。そして、アースジェットは液体90ml、気体360mlで、フマキラーAは液体67.5ml、気体382.5ml。謎が解けた。殺虫剤は液体部分になるわけなので、キンチョールは殺虫剤が2倍入っていることになる。だから値段が高いのだ。気体の量が多いものは、気体の量が多いので噴射力が強いのではないかと思う。

結局、殺虫剤の量を基に値段を比較した場合、キンチョールが一番安く、次がアースジェットで、フマキラーAが一番割高と言うことになります。で、結局、キンチョールを買って帰りました。

これ悪徳商法ですよね。私はそういう印象を決して否定することができなかったのでした。

補足1: 殺虫剤が一度に大量に出るものがほしければ、フマキラーAやアースジェットの様な殺虫剤を買えばいいのです。そういう点で考えれば、悪いわけでもないと思います。

補足2: スプレー式殺虫剤の場合、液化石油ガスが使われていますが、気体(ガス)も液化されて入っているわけなので、厳密には、液体の量がそのまま殺虫剤の量になるわけではありません。しかし、結局、ガスの圧力を高めるためにガスをたくさん入れれば、液体中に含まれる液化ガスの割合が増えることになり、やはり殺虫剤の量は減ります。つまり、たとえ液体の量が同じでも、噴射力の強いスプレーの方がさらに殺虫剤の量が少なくなる計算になります。やはり値段が安い分、中身が少ないと言うことになりますね。しかし、中に入っている殺虫剤の値段というのは、あってない様なものらしいです。つまり、大して高価なものではないということですね。そう言えば、炭酸飲料も中身の製造コストは水の値段と大して変わらず、ただ同然だそうですから、それと似たようなものなのでしょう。炭酸飲料は、ただみたいなものなのに、中身が多いと値段も高いですよね。たぶん殺虫剤の場合も同じで、長持ちするから高くても売れると言う理屈でキンチョールは高いのでしょう。

2005年5月13日

2007年8月17日「補足2」を追加

謝辞:化学系の研究者の方からご意見を頂き、それに基づき再考の上、「補足2」を追加いたしました。私の気がつかなかった点をご指摘いただきありがとうございました。メールが消えてしまったので、名前が挙げられず申し訳ありません。






著作権者 仙人
禁無断転載
Copyright by Sennin 2005
All rights reserved.


仙人の結界悪徳商法>だまされるな 危険な殺虫剤