仙人の結界シャンプー・石けん問題>シャンプーなしの洗髪・Q&A

関連ページ: シャンプーなしの洗髪・人体実験

サイト全体   昨日   本日

シャンプーなしの洗髪Q&A

 仙人

Q: 「シャンプーなしの洗髪の人体実験」のその後ですが、まだシャンプーなしでお湯だけの洗髪は続けていますか?

A: はい。ずっと続けています。

Q: 「シャンプーなしの洗髪の人体実験」の後、シャンプーなしで洗髪を続けていて、何か変化などありましたか?

A: 特に変化はないです。シャンプーを使っていた頃の不快な状況は忘れてしまいましたので、快適度の正確な比較はもはやできませんが、シャンプーなしでも快適な状況が続いています。

Q: 専門家はどう考えているのでしょうか?

A: シャンプーの開発者の方からお話を聞く機会がありましたが、「お湯でも頭部の油脂が落ちることはシャンプー研究開発者の者はみんな認識しているので、シャンプーを使わず、お湯だけでも問題はないというのは、全く理解できる」とのことです。

Q: シャンプーなしで、洗髪をしてみたのですが、ふけがたくさん出るので、すぐやめました。

A: しばらく一日2回ぐらい洗ってみたら、どうでしょうか?それでもだめな場合は、取りあえず、しばらく石けんで洗ってみて、それに慣れてから、シャンプーをやめればいいです。それでもあまりふけがたくさん出る場合は、脂漏性皮膚炎など病気の可能性がありますので、皮膚科の医師にご相談になった方がいいと思います。もっとも、放置しておけばいいという説もありますが・・・。それにしても、いろいろお話を聞いていると、脂漏性皮膚炎の様な気がしますね。これは、真菌類の「マラセチア菌」(昔は「ピチロスポルム属酵母菌」と呼ばれていたもの)が頭皮などに異常に増え、その生成物により、皮膚炎が起こり、ふけがたくさん出る病気です。この場合のふけは、大きくて分厚くなります。そうでない普通のふけは、小さくて粉状です。まず、自分のふけをよくご覧になって下さい。なお、この病気は、眉毛の辺りや鼻の周辺にも起きるようですから、その辺にふけが出るようなら、たぶんこれでしょうね。ちなみに、この病気の原因が特定されたのは最近のことで、2000年前後以前の古い文献では「原因不明」となっています。

Q: ふけぐらいで皮膚科にかかる必要があるのですか?皮膚科でどういう治療が行われますか?

皮膚科の専門医の話では、普通、脂漏性皮膚炎は一目で診断できるようです。人に見てもらって、ふけの出ている部分が赤くなっていれば、脂漏性皮膚炎の可能性が高いです。そのような感じになっていたら、皮膚科の専門医に診てもらうことを考えましょう。脂漏性皮膚炎と診断されると、大抵は、まず皮膚の炎症を止めるため、2日〜数日間、副腎皮質ホルモンの入った頭皮用の液状の薬を頭皮に塗布するように指示されます。鼻や目の周りは同じく副腎皮質ホルモンの少量入った効き目の弱いクリームを塗布するように言われます。炎症が治まるとマラセチア菌を殺すために抗真菌剤を塗布する様に指示されます。炎症が治まっていないのに、抗真菌剤を塗ると、かえって症状を悪化させますので、まず皮膚の炎症を鎮めるのが先決です。また、副腎皮質ホルモンの入った適切な薬剤を処方してもらう必要もあります。だから、脂漏性皮膚炎だったら、皮膚科の専門医に診てもらう必要があります。但し、皮膚科の専門医による治療で完全に治るケースは、ほとんどなく、一旦、脂漏性皮膚炎が治っても、治療をやめると2週間〜3週間ぐらいで、脂漏性皮膚炎が再発してしまいます。あくまで、個人的意見ですが、症状がひどい場合は、皮膚科医に治療をお願いし、症状を改善してもらった後、日常生活に気をつけて、体力をつけるように努力し、洗髪を欠かさない様にすべきでしょう。大したことがない場合は、日常生活に気をつけ、体力をつけ、よく洗髪するだけでよいかもしれません。脂漏性皮膚炎の治療用に「硝酸ミコナゾール」入りのシャンプーが売られていますが、それより効果的な方法として、「硝酸ミコナゾール」などの配合された抗真菌剤とか水虫薬を頭部に塗ることを勧める皮膚科医もいる様です。硝酸ミコナゾール入りの水虫薬というと、例えば、「ダマリンL」(大正製薬)などがありますが、同じ成分なら、他のものでも同じ効果があるでしょう。いずれにせよ、どうしたって完治はしないので、あせらず、気楽に対処すべきかと思います。

Q: 石けんでどうやって頭を洗うのですか?

A: 石けんを頭にこすりつけて、その後、お湯をかけて普通に洗います。石けんシャンプーというのを使う人もいますが、石けんとシャンプーの中間みたいなものですね。石けんを頭にこすりつけるのが変な気がするなら、そう言うものもいいかもしれません。ただ、昔は普通に石けんを頭にこすりつけて洗っていたそうです。最近は無添加石けんと銘打つものも安く手に入りますから、それでいいと思います。石けんシャンプーの値段は高めですが、安いものもある様です。知り合いが5千円以上もするらしい無添加石けんを使っていましたが、馬鹿馬鹿しいので、安いので十分です。無添加石けんが売っていなかったら、「ふきん用石けん」でも全然構いません。ただ、ちょっと落ちにくいです。

Q: シャンプーなしで洗髪していて、はげませんか?

A: 少なくとも私は全然はげません。科学的に言って、はげる理由は全くありません。

Q: 男ですが、シャンプーをやめると、はげが治りますか?あるいは、逆にシャンプーをやめると、はげたりしますか?

A: 男性のはげが、シャンプーと関係があるという話は聞いたことがないですね。男性のはげ(男性型脱毛症)は、大抵、男性ホルモンの作用によるもので、シャンプーをしたからと言って、男性ホルモンの分泌が抑制されるわけではないので、はげる遺伝子をお持ちの方は、しっかり確実にはげると思います。これを回避するには、男性ホルモンをコントロールする薬品など、育毛剤を使うしか方法はありません。フィナステライドやミノキシジルという薬物が有効であることが証明されています。女性もはげるみたいですが、これも男性型脱毛症と同じで、男性ホルモンが原因だそうです。但し、フィナステライドは女性には厳禁だそうです。女性がフィナステライドを服用すると奇形児を産むことが分かっているからだそうです。まあ、シャンプーをやめたら、はげたとか言うのは、たぶんシャンプーをやめたときに、偶然、男性ホルモンによる作用が出始めたからでしょうね。

Q: 洗髪しないでいると、頭にふけが出たり、かゆくなるのはなぜですか?

A: 頭脂が分泌されて、頭皮のかけらと混ざって粉になったのがふけです。頭脂等をえさに雑菌が増え、これがかゆみの原因になります。真菌の一種の「マラセチア菌」が異常に繁殖すると、脂漏性皮膚炎になります。この場合、分厚いふけが出ます。脂漏性皮膚炎にかからないようにするには、ストレスを避け、バランスの取れた食事をし、規則正しい生活を送り、十分な睡眠を取る必要があります。要するに、健康的な生活をすることが必要です。マラセチア菌は、通常、皮膚にいつも付着していますので、単に皮膚に付いているだけなら、正常です。しかし異常に増えると、脂漏性皮膚炎になるということです。なお、脂漏性皮膚炎が原因ではげることはありません。

参考文献:

メルクマニュアル(医師向け第17版日本語版)

Wikipedia「脂漏性湿疹」の項目

その他、信頼できそうな関連ウェブサイト多数

参考ウェブサイト(外部):

フケ・脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎の治療まとめ

注:病気に関することは、筆者は一切責任を持てませんので、必ず専門の医師にご相談下さい。
2008年2月5日
関連ページ: シャンプーなしの洗髪・人体実験


2008年2月5日 初稿
2008年3月10日 参考文献を記載
2008年11月5日 参考ウェブサイト記載
2009年9月24日 皮膚科医による治療の概要を記載、その他、加筆

著作権者 仙人
禁無断転載
Copyright by Sennin 2008-2009
All rights reserved.